よくある質問
使ってみたいけど、ここが気になる
初めてコンタクトを作るんですが、どうしたらいいの?
人によってコンタクトに向き不向きって、あるの?
コンタクトを作ったら、定期検査に行かなくちゃいけないの?
コンタクトに慣れるまでにはどのくらい日数がかかるの?
コンタクトを作るには、どんな検査をするんですか?
左右の視力がかなり違うんですが、メガネとコンタクトのどちらがいいの?

初めてコンタクトを作るんですが、どうしたらいいの?
良いメガネ(コンタクト)を作るためには、視力を正確に測ってもらうことが必要です。
まずは健康保険証をお持ちになり、眼科で検査を受けてください。
というのは、眼科では目の健康について、視力以外にもさまざまな面から診察してもらえますので、
眼科を訪ねていただくことが大切です。


一般に、眼科での診察からメガネができるまでの流れは、おおよそ次のようになります。

■目は健康か
まず眼科医で身体や目の状態を確かめます。目は全身状態に影響されたり、また目によって全身状態も影響されます。疲労気味、病気治療中、薬の服用中など現在の状況や、また過去に目のケガや病気がある場合もあらかじめ話しましょう。今までにメガネやコンタクトレンズを使ったことのある方は、その状況も話しましょう。 また、現在使っているメガネやコンタクトレンズは必ず持参しましょう。

■目の健康診断
視力検査、屈折検査、眼圧検査、眼位・眼球運動、視野検査、透光体検査、眼底検査などを行い、視力低下の原因が屈折異常(遠視、近視、乱視)や老視(老眼)と判明すれば、メガネ処方のための検査に移ります。 この診断のときに、その人の目にはメガネがいいか、コンタクトレンズの方がいいかの医学的判断もされます。もちろん、その人の意見や生活様式も考慮に入れて決められます。
▲使ってみたいけど、ここが気になる一覧へ
▼その他のよくある質問一覧へ
人によってコンタクトに向き不向きって、あるの?
YESです。
次にコンタクトレンズに向いている方・レンズを装用できない方のあらましをご紹介しますが、
実際にお作りになる場合は、必ず眼科医による検査・処方を受けてください。


コンタクトレンズに向いている方
■強い近視や遠視の方
■左右の視力が著しく異なる方
■素顔を大切にされる方
■調理師や看護婦など、ふだんマスクをすることが多い方(メガネが曇りやすい)
■幼稚園の先生、幼児のお母さまなど、小さな子の手が顔に触れる機会が多い方
■職業上必要な方

コンタクトレンズに向いていない方
■眼感染症にかかっている方
■ドライアイおよび涙器疾患の方
■眼けん(まぶた)異常の方
■ぶどう膜炎の方
■角膜知覚低下の方
■角膜障害の方 ケア用品によるアレルギー疾患の方
■コンタクト装用により眼障害を引き起こす恐れのある全身性疾患の方
■医師が装用不適と判断した疾患の方
■過度に神経質な方
■医師の指示を守れない方
▲使ってみたいけど、ここが気になる一覧へ
▼その他のよくある質問一覧へ
コンタクトを作ったら、定期検査に行かなくちゃいけないの?
コンタクトレンズを初めて装用し始めたら、障害の防止と早期発見のために、どんなに調子がよくても、
1週間後1カ月後3カ月後に検査を受けていただくことが大切ですし、その後も3カ月ごとに定期検査を受けてください。目のトラブルを防ぐためにも、眼科医の指示を守ることが第一です。
また、少しでも異常を感じたら、定期検査以外でも、ためらうことなくただちにくわしい検査を受けてください。
▲使ってみたいけど、ここが気になる一覧へ
▼その他のよくある質問一覧へ
コンタクトに慣れるまでにはどのくらい日数がかかるの?
コンタクトレンズは、最初から長時間装用できるというものではありません。毎日少しずつ装用時間を伸ばし、目にレンズを慣らしていきます。
個人差やレンズの種類によって違いますが、一般的には酸素透過性ハードコンタクトレンズ、ソフトコンタクトレンズともに1〜2週間ほどが慣れるまでの目安です。
▲使ってみたいけど、ここが気になる一覧へ
▼その他のよくある質問一覧へ
コンタクトを作るには、どんな検査をするんですか?
まず眼科医による検査を受けます。一人ひとりの目には、視力ばかりでなく、 角膜曲率半径(表面のカーブ)などに微妙な違いがありますので、それに合うようにレンズが調整されます。

レンズの種類は、眼科医と相談して決めましょう。
あなたの職業や環境に合ったレンズを処方してくれます。
眼科医とのコミュニケーションが大切です。 検査にはだいたい1時間から1時間半ぐらいかかります。

一般的な検査の内容と手順は、次の通りです。

検査の内容
■問診
  ↓
■前眼部・眼透光体・眼底検査
  ↓
■裸眼視力・屈折検査
  ↓
■前眼部の計測・角膜曲率半径の測定
  ↓
■テストレンズの装着
  ↓
■ レンズの処方データの決定

検査を受けるときの注意
■前日は睡眠を十分にとりましょう。
■健康保険証を忘れずに持参しましょう。
■時間に余裕を持っていきましょう。
■濃い化粧やつけまつげはしないようにしましょう。
■現在使用中のメガネ(コンタクトレンズ)は必ず持参しましょう。
▲使ってみたいけど、ここが気になる一覧へ
▼その他のよくある質問一覧へ
左右の視力がかなり違うんですが、メガネとコンタクトのどちらがいいの?
片眼の視力が他眼の視力とかなり異なる場合を、不同視といいます。不同視の方で、特に左右の視力が著しく異なる方には、コンタクトレンズがおすすめです。
左右の視力がかなり異なる不同視の方がメガネをかけると、左右の網膜に映る像の大きさが異なってしまうため、そのメガネを使いこなせないということがあります。メガネのレンズは目から約1.2cm離れているため、外から入った光が目に届くまでの間に像が縮小(拡大)されてしまうからです。
これに対し、コンタクトレンズは目の上に直接乗せますので、網膜上の像の縮小(拡大)はほとんど起こりません。従って、不同視の方でも網膜に映る像が左右の目でちぐはぐになるということはほとんどなく、メガネよりも適しているというわけです。
また、メガネレンズの場合はプリズム作用から、横目を使う際、レンズの中心から離れたところでものを見ると二重に見える(複視)ことがあり、不同視の方では両眼視ができなくなります。この場合も、コンタクトレンズなら視線とレンズが一緒に動くので、複視が起こることはありません。不同視の方にはコンタクトレンズが有利といえます。
▲使ってみたいけど、ここが気になる一覧へ
▼その他のよくある質問一覧へ

その他のよくある質問一覧
コンタクトの基本的な知識 お手入れについて ご使用中のトラブルについて
Copyright (C) 2008 contact lens gallary Corporation. All Rights Reserved.